ムスメと一緒に『鬼滅の刃』のミニ枕を作りました。

miscellaneous notes

ご訪問ありがとうございます。

「何か作ろう!」

というと何故か【ミニ枕】を作りたがるムスメ。我が家にはユニコーン型、蝶々型、ソフトクリーム型など小さい枕の作品が多数あります。

先週末はやっと使えそうなミニ枕が完成したのでそのお話です。

※※※※

オーダー頂いているエプロンやバッグの製作でミシンをカタカタしていることが多い私の横で、端切れ布がでるのをムスメは虎視眈々と狙っております。

端切れ布を見つけては針と糸でチクチク時間をかけて縫って小さなシュシュを作っているのも、手先の訓練にとてもいいのですが、あまりに時間がかかるのがなんとなく可哀想になり…

「ミシン使ってみる?」

と声をかけてみました。実はとてもやりたかったらしく

『いいのー!?怪我しないように気をつけますっ!』

と喜んでいるので、何を作るか尋ねたところ。

やはり、

『枕』

また、枕。なんでなのかしら(笑)

改めて、一通り簡単に縫い代や返し口の説明をして、いざ、布に向き合うと

「ちっさ…」

頭が乗るのかしら?というくらいに小さな布を切り出そうとするので、慌ててストップして

30×40センチくらいの仕上がりになるように導きました💧

先ずは枕カバーから。

予め私が鬼滅の刃の胡蝶しのぶをイメージしたグラデーションの蝶々のアップリケを矢羽柄の生地に縫い付けておいて、いざミシン。

なんとなく好調なスタート。

「指を針の下に入れないようにね」

と念を押して、白湯を取りに行って戻ると…

ぐにゃぐにゃ〜はみ出てるし。。。

まあ、怖がらずにミシンが出来たことを褒めて、さりげなく私が手直しして枕カバーは終了。

さて、今度は中身のクッション作成へ。

枕カバーより一回り小さく、白い布を切り出してリトライ。

※※※※

まさかのとっても上手になってます。

カバーの失敗を活かして、スピードを自分で緩め、ちゃんと左手で布を動かして調整してます。

一応始めと縫い止まりは手伝いましたが、ノーミスとは言わないまでも一発合格💮

テレビを見ながら、裏返しと綿詰めをしえいるのでとにかく時間がかかりましたが

完成❣️

とっても可愛く出来ました。

今回の作品はちゃんと枕として使えます。

鬼滅の刃 胡蝶しのぶイメージの枕…

Rakutenラクマ|bags with frill|mk

エプロン、エプロンドレス、バッグ、小物類を手作りしています。

最近は鬼滅の刃のねづこちゃんをイメージしたエプロンドレスが人気です。

もろもろご相談に応じて製作致しますので、

ご興味があれば、ぜひ、こちらまで、お立ち寄りください。

コメント